男性

うつと診断される前に原因と対策を知りいざというときに備えよう

  1. ホーム
  2. 会社でうつになるパターン 

会社でうつになるパターン 

悩む人

仕事でうつになるパターンを考えてみましょう。職場でどのようなことがきっかけでうつを発症するのか知ることで、普段から気をつけられるようになります。一つ目の大きな原因はパワハラです。現在はパワハラが原因でうつと診断される人が非常に増えています。パワハラは現代日本において、とても重要な問題となっているのです。上司が仕事の面で部下に色々口出ししているうちに、それが行き過ぎて部下はストレスを溜めてしまうのです。パワハラは線引きが非常に難しいともいわれており、時代によってもそのラインは大きく変わってくるので、指導なのかパワハラなのかの境がわからなくなってくると思いますが、近年は会社が取り組むべき問題といわれています。実際危険な作業などで部下がミスしてしまったということであれば、相当な指導をしなくてはなりません。それがその部下や周りの人たちの身の危険を排除することに繋がるからです。オフィスワークでも、部下が相手先に迷惑を掛けるようなミスをしてしまった場合、会社の収益に関わってくることなので、厳しく言い聞かせなくてはなりません。指導が的確かどうか判断するために、会社がパワハラを失くすという意識を持たなくてはならないのです。もしも指導の言葉がきつすぎる上司がいる場合、さらに上の上司に相談するなどした方がよいでしょう。それが簡単にできない場合は、医療機関へ相談をしてください。うつの診断ができる専門医療機関では、会社でのトラブルなどを、どのような解決していけばいいのかというアドバイスもしてくれます。自分以外でも会社で特定の人が、毎回上司にどやされており、毎日暗い顔をしているというような場合、専門医療機関での受診を勧めてください。また、職場でよく起こる問題として過労があります。単純に仕事量が多すぎて、そこからくるストレスで心身に不調をきたし、うつと診断されてしまうケースが非常に多いです。仕事量の多さにより、業務時間が長い状態が続き、睡眠が十分に取れないという状態が続いてしまうのです。このような場合、気がつくとうつ状態になっているということも多いので仕事量が多かったり、業務時間が長すぎたりする場合、十分な休息が取れているか気をつけることが大事です。うつと診断される前に、仕事量を減らすなどの相談を会社としてみましょう。