男性

うつと診断される前に原因と対策を知りいざというときに備えよう

  1. ホーム
  2. 家族にうつの症状が出たら

家族にうつの症状が出たら

男の人

もしも家族がうつ病と診断されてしまったら、あなたならどうしますか?ストレス社会といわれている現代日本では、家族がうつ病になってしまうことも決して珍しくありません。そんなときにどう対処すればいいのか知っておくことはとても大事です。家族がうつ病になってから勉強し始めるということだと一歩遅れてしまうので、基本的な知識は押さえておきましょう。まず、家族がうつだと診断されたら、決して励ますような言葉や、頑張れという言葉をかけてはいけません。うつ病になった人は今まで頑張り過ぎてなってしまったという側面もあり、頑張っても体が思うように動かないという状態ですので、かえって本人に負担がかかる結果になってしまいます。また、自分の考え方をアドバイスするといったことも禁物です。間違ったアドバイスはうつと診断された患者を別の方向へ向かせることになり得ます。アドバイスは専門の医師に任せてください。では家族ができることは一体何でしょうか。それは、本人がしっかりと休めるような環境を作ってあげることです。家の中で療養を勧める場合、本人が休むことに集中できるような部屋を用意してあげましょう。それから、家の中でどのように接していけばいいのか診断した医師からしっかりと話を聞きましょう。うつの種類や症状の重さによって、どのように接すればいいのかということが変わってきますので、かならず担当医のアドバイスを聞くことが大切です。回復までどれくらいかかるかといった話や、薬の服用まで、細かい内容を把握しておくことが大事です。うつ患者の周りの人や家族が初期の段階でどのように接するかというのが早期治療の大切な鍵となってきます。うつ病は重度の状態から回復するにはかなりの労力を必要としますので、初期段階で適切に行動できるように最低限の知識は身につけておきましょう。