男性

うつと診断される前に原因と対策を知りいざというときに備えよう

  1. ホーム
  2. うつと食事の関係

うつと食事の関係

カウンセリング

食事内容がうつ病の症状に大きな影響を与えると知っていましたか。実際うつ病と診断された人の食生活をみてみると、栄養素が偏っていることが大変多いです。うつと診断された人の体を脳を神経伝達物質という観点からみた場合、うつではセロトニンなどの分泌が不足しているという研究データがあります。そのため、セロトニンの原料となるトリプトファンを含む食材を普段から食べることが大事なのです。トリプトファンをたくさん含んでいる食事を食べることで、うつが予防できる可能性があります。ではトリプトファンが豊富に含まれているものをみていきましょう。この栄養素を多く含むものは大豆、かつおなどです。大豆食品や魚に多く含まれています。またトリプトファンをセロトニンに変えるためにはビタミンやミネラルなどもまんべんなく摂取する必要があります。ビタミンについてはビタミンB群を多く含んだ食材が好ましいといわれており、それらが豊富なものとしてニンニクやバナナがお勧めです。特にバナナや大豆は、トリプトファンの量も多いです。ミネラルに関しては、亜鉛や鉄分が大切で、これらを多く含む食材としてレバーや納豆があります。積極的に摂取しましょう。
次に食事のとり方について少し説明したいと思います。食事の内容も大事ですが、食事の摂り方も同じように大事です。うつと診断されるのを防ぐために、病気に対抗できるような食生活を続けましょう。ポイントとして、まず食事を毎日三食きちんと取るということです。朝起きて食べる気が起きないという日もあると思いますが、朝食からその日の生活がはじまっているといっても過言ではありません。朝食で活動エネルギーを蓄えることが大切です。お昼は買ったお弁当を食べたり、外食をしたりということも多いと思いますが、なるべく家で作った野菜や豆類などを入れたお弁当を食べるようにしましょう。夜はトリプトファンを多く含むタンパク質を摂ることを心掛けましょう。肉類、魚類、卵など、どれか一つでもいいので食卓に並べましょう。三食食事をしっかりと取ることで、うつと診断されることを防ぐことができます。食生活に関しては家族のこともしっかりと考えてあげましょう。家族が乱れた食生活を送っているのであれば、アドバイスしてあげてください。